UD体育

記事一覧(24)

第3回学習会を行いました!

12月1日(土)13:00~16:30、筑波大学附属小学校にて第3回学習会を行いました。第2回に続いて、筑波大学附属小学校が会場。各地から総勢29名の方々が参加してくださいました!今回はUD体育代表、結城光紀先生による模擬授業と、特別支援教育を専門に埼玉県の長期研修生としても学ばれた、桶川市立桶川東小学校 金風祐士先生による「体育の授業における支援の工夫」についての講演の2本立てでした。まずは、結城先生による模擬授業。「運動のつまずきの見取り方とアプローチ」について、UD体育が大切にしていることを開設していただき、その後「ハンドテニス」を教材として模擬授業を行いました。大人だと割と簡単な運動なのですが、あえて「利き手ではない方の手で」プレーしていただくことで、子供たちと同じような困り感を感じていただけたかと思います。ネット型として共通するポイントを、教師の発問によって1人1人が思考し、学びを共有していくことを、実際に体験していただくことができました。次に、金風先生による講演。UDの手立てを講じても、「できない子」はゼロにはならない。そんな子にもできる喜びを味わわせる「個別の支援」について、お話しいただきました。子供の「実態」という言葉をよく使いますが、実態をつかむ具体的な方法はあまり共有されていないかもしれません。金風先生は「動きを観察して実態をつかむ」ためのポイントを教えてくださいました。明日からすぐにでも使えそうな視点をいただきました。最後に、代表の結城先生、顧問の筑波大学附属小学校 清水 由 先生に今回の学習をまとめていただきました。参加された先生方ありがとうございました!次回は2月2日! 特別支援のスペシャリスト、川上康則先生をお招きして、ご講演をいただく計画をしています。また、UD体育副代表 石坂晋之介先生による実技もあります。ぜひご参加ください。ご意見ご感想やご質問がありましたら、udtaiiku@gmail.comまでお願いいたします。

体育教室! そして第3回学習会へ…

体育の陣から1週間。公開授業に参加してくれた子どもたちが、その続きである「体育教室」に参加してくれました。先週の公開授業の後、「こんなに楽しかった体育は初めて!」「来週も楽しみ!」と口々に語っていた子どもたち。今日もとても楽しそうに、夢中でゲームをプレイしていました。今日で今回の体育教室は終了ですが、「また来たい!」と言う子も。とても満足そうに帰路についていました。さてさて、今度は…第3回!UD体育学習会を行います。日時:平成30年12月1日(土)13:00~16:30場所:筑波大学附属小学校今回の学習会では、特別支援の視点から「運動のつまずきの見取り方」とそのアプローチについて考えます。まず、UD体育代表の結城 光紀(伊奈町立小針北小学校)が模擬授業を行います。その模擬授業に基づいて、昨年度埼玉県長期研修生として特別支援教育を学んだ、金風 祐士 先生(桶川市立桶川東小学校)が特別支援教育の視点から「運動のつまずき」をどう見とるのか解説してくださいます。特別支援の視点から体育の授業について理解を深めたい先生、また、自身も運動に苦手意識のある先生、運動が苦手な子への指導に迷われている先生…ぜひ一緒に学びましょう!お申し込みは、https://www.kokuchpro.com/event/473fdb5e375e26da705d66137dd2ffa4/です!

研究大会「体育の陣3」へのご参加ありがとうございました!

本日、研究大会「体育の陣3」が、埼玉県上尾市立今泉小学校にて開催されました。小田原市立鴨宮中学校 の 北村 尚人先生と4年生の子どもたちによる「全員参加の授業づくり」の提案。ラインゴールハンドボールを教材として、公開授業と協議会を行いました。UDの視点から、主体的に課題設定をしたくなるしかけ、困り感を軽減するしかけ、長期的な技能をそろえるしかけを、授業を通して具体的に提案することができました。研究協議会では、「子どものやる気を引き出す工夫」や「全員参加の授業の実現」といった視点からグループで考えを深めることができたと思います。午後には、UD体育メンバーによる実技講座やミニ講座、筑波大学附属小学校の清水 由先生による長縄跳びの実技講習がありました。清水先生の講座では実際に体を動かしながら、長縄跳びを通して子どもたちの主体的な姿をつくる工夫について学びました。ダブルダッチから始まり、「初めて跳べた!」と感動している先生方もいました。その後は「郵便屋さん」など1年生から始められる長縄跳び遊びから始まり、徐々にレベルアップさせてダブルダッチまで積み上げていくことが、先生方も楽しみながら体験的に理解を深めることができたと思います。参加された先生方、ありがとうございました!UD体育として、これからも活動がありますので、今回参加できなかった方も次回は是非ご参加ください。ご意見ご感想やご質問がありましたら、udtaiiku@gmail.comまでお願いいたします。

体育の陣3 講座

大会まで、早いものであと1週間となりました。今回は、体育の陣3の講座を紹介します!昼食の後、13:00からは実技講座「全員参加の授業づくりのしかけ」。実技を通して、UD化の視点を提案していきます。講座A 石田聡宏(UD体育) 「だるま回り(鉄棒運動)」 子供たちにとって、また先生たちにとっても、「苦手」な意識を持ちやすい鉄棒運動。 子供たちも先生も楽しみながら、成果を上げるアプローチを提案します。講座B 金子 暁(UD体育) 「ネット型ゲーム」 「運動が苦手なあの子」に焦点を当てたとき、どんな工夫ができるか。 ルールや場、得点など、苦手なあの子も活躍できるネット型の授業を提案します。どちらかの講座を選んで、ご参加ください。14:10からは、ミニ講座「UD化のヒント」。講座A 山下大晃(UD体育) 「低中学年の投捕」 ボール運動の基礎となる投げるー捕る技能。 低学年から楽しく積み上げていくにはどうするか? を考えます。  講座B 結城光紀(UD体育) 「体育と学級経営」 「体育授業がうまくできる人は、学級経営もうまい」とよく言われます。 体育と学級経営をつなげ、子供たちを成長させていくには? を考えます。講座C 太田 研(UD埼玉・特支) 「協調運動の支援」 体を思い通りに動かすためには欠かすことのできない「協調運動」。 特別支援教育の視点から、「不器用な子」の協調運動の支援について考えます。3つの講座から、2つ選んでご参加ください。15:30から、大会の最後を飾るのは、筑波大学附属小学校 清水由先生による「実技研修」です。テーマは「全員参加の体育授業」。子供たちの主体的な姿をつくりだすためには、いくつかポイントがあります。「長縄跳び」を例に、低学年から主体的に学ぶ姿をつくりだすヒントを、清水先生に教えていただきます。ぜひ、一緒に!申し込み⁽コクチーズ⁾https://www.kokuchpro.com/event/62797e6740c3f36dad1e4e7551791a9b/UD体育HPhttps://udtaiiku.amebaownd.com/

体育と学級経営

今年度も、もう半年がたとうとしています。学校を見渡すと、自分達で考えて、声をかけ合って動ける学級がある一方で、なかなかまとまらない学級も・・・。その差は?少し前の話になりますが、、。8月16日に、日本授業UD学会学級経営大会にて、「体育」と「学級経営」の視点から「みんなで笑顔の学級づくり ~「体育」と「遊び」のアプローチ~」をテーマに、UD体育代表・結城が実践発表を行いました。子供達が自分達で問題を解決していく、「自治的な集団」を育てていくために、どうしたらいいのか?体育の視点からの発表でした。まず、教師が学級のゴール像をはっきりもち、ゴールに向かってアプローチしていくこと。「学級開き」では、学級の方向性を伝え、安心感を感じさせること。「一斉指導」を成立させるために、ルールのある活動の中で、よい行いをほめることで価値付けし、学級全体の雰囲気を育てていくこと。「ペア・グループ活動」を仕組み、関わり方や関わることのよさを全体で共有し、関わりの質を上げていくこと。「自治的活動」へは、主体的に関わり合える教材やイベントをしかけ、その自主性やプロセスを価値づけていくこと。と、学級の4つの成長のステップに沿って、具体的なアプローチを紹介しました。あわせて、「体育」や「遊び」で学んだ集団スキルを、他教科や他の活動の中で、繰り返し関連づけることで、学級のよさが強化されていくことも、話にありました。ゴールを見据えてアプローチし、そのプロセスを共に共有していくことが、まず第1歩なのですね。体育は子供達が自然に、たくさん「関わり合える」教科です。子供達の笑顔のために、UD体育では、学級経営の視点もあわせて考えていきたいと思っています。3週間後に迫りました!10月20日(土)に、「体育の陣3」を開催します!「体育と学級経営」をテーマに、結城がミニ講座を行います!ぜひ、ご参加ください!

日本授業UD学会「授業プレゼンテーション」「公開授業」

9月15日(土)~16日(日)日本授業UD学会が開催されました。1日目は「授業プレゼンテーション」として、UD体育副代表の石坂が発表しました。テーマは「ボール運動における‘’共通の学び‘’と”共通言語”」。ボール運動は、現行の指導要領から「ゴール型」、「ネット型」、「ベースボール型」といった「型ごとに共通する内容」を指導するようになっていますね。新指導要領でも基本的に踏襲されています。一方で、「ボール運動」としてとらえたときに、この3つの型に共通する学習内容があるかもしれません。今回は、まずベースボール型として、低学年でもできる「投げ飛ばしゲーム」から実技を交えて開始しました。ここで、「一列にまっすぐ並んでボールを運ぶ」ことの良さに気づきます。次に、「ゴール型3対0」です。守備者を置かず、3人でボールを繋ぎ、バスケットゴールのボードに当てます。30秒で何回当てられるかを競います。ここでも、「まっすぐ並ぶと速い」という、ベースボール型の学びが生きます。ただし、守備が入るとそれが難しくなり、はじめて「前後左右」を意識する必要性が出てきます。最後に「ネット型3対0」。3人でボールを繋いで、守備のいない相手コートに、30秒で何回落とせるかを競います。ここでは「ネット際まで運ぶ」という効率的なボールの繋ぎに気づきます。また、守備が入ったときには「手前、奥、左右のどこを狙うか」という、他の型に通ずる内容も出てきます。「ボールを正確に素早く目的地に運ぶ」という各型に共通する学びがあり、「まっすぐ」「前後左右」といった共通言語があることで、ボール運動が苦手な子にとっても「わかった」「できた」を保証しやすくなるのではないか、という提案でした。2日目は、筑波大学附属小学校の清水由先生が、UDの視点から、1年生の授業を公開されました。1時間の中で「じゃんけん対抗戦」「折り返しの運動」「頭つき逆立ち」と3つの教材をテンポよく学習していきます。「じゃんけん対抗戦」「折り返しの運動」では、1年生ということもあり、基礎感覚づくりに焦点を当てていました。子どもたちも先生も、みんな笑顔で楽しく基礎感覚づくりに熱中していました。「頭つき逆立ち」では、1年生なりの「深い学び」を狙っていました。ここで清水先生が提案されたのが「課題並列単元」という授業づくりの視点です。子どもたちの問題意識に沿って、その都度課題を設定・解決していきます。本時では、「勢いをつけて足を壁につける」「手と頭でしっかり三角形をつくる」ことを、先生と子どもたちで話し合いながら課題として設定していました。授業の終わりに、子どもたちが感想を発表していましたが、1年生なりに課題を意識し、課題に沿った感想を述べていたのが大変印象的でした。協議会では、パネラーである元明治学院大学の出井先生より、本時のデータが提示され、マネジメントにかける時間が少なく、学習指導場面、運動学習場面の時間が十分に確保され、認知的学習時間も必要十分であったことが指摘されました。1年生段階として、感覚づくりを潤沢に経験させた上で、1年生なりの知識・技能で「深い学び」に迫ることが可能であることが示唆されました。今回の学びを、10月20日の研究大会に繋げていきたいと考えています。是非、ご参加ください!

UD埼玉「体育の陣3」受付開始

今年も UD埼玉主催の研究大会「体育の陣」を開催します。 こくちーずにて、受付を開始しました。https://www.kokuchpro.com/event/62797e6740c3f36dad1e4e7551791a9b/今回も、多くの方々と学びを深めていきたいと思います。今回のテーマは「全員参加の体育授業」。子供たちが主体的に体育授業に参加し「わかった!」「できた!」を実感していく。そのための「UDのしかけ」について考えていきたいと思います。大会の目玉は3つ!目玉① 実際に子供と行う公開授業 体育の授業UDに関して、実際の授業から学べるのは、全国大会とこの大会のみ。  「全員参加の授業づくり」をテーマに、4年生「ラインゴールハンドボール」の授業を公開します。 体育の授業UDを学ぶ上で貴重な機会です。  目玉② 清水由先生(筑波大学附属小学校)の実技指導 講師は、UD全国大会でもおなじみの筑波大学附属小学校 の清水由先生。 清水先生自ら「子供達の主体的な姿をつくる」 授業について、実技を交えて教えていただきます。 ぜひ、運動のできる服装でご参加ください。 目玉③ UD化の視点 5講座 実技「全員参加の授業づくりのしかけ」 実技A:だるま回り(鉄棒運動) 実技B:ネット型ゲーム (どちらか選択) ミニ講座「UD化のヒント」 講座A:低中学年の投捕 講座B:体育と学級経営 講座C:協調運動の支援 (いずれか2講座選択) 希望する講座を選択して、実践のヒントを持ち帰っていただければと思います。 詳細は、チラシをご覧ください。詳しいことが決まり次第、情報をアップしていきます!!申し込みはこちら↓ 

UD体育 第2回学習会を行いました!

4月28日(土)14:00~17:00、筑波大学附属小学校にて第2回学習会を行いました。筑波大学附属小学校を会場にして行う初めての学習会。各地から総勢42名の方々が参加してくださいました!まずは、伊奈町立小針北小学校 結城光紀先生による「体育授業のUD化」のプレゼン。UD体育の目指す姿や、UD化の視点などを、実践映像等も踏まえて丁寧な解説をいただきました。そして、今回のメインである実技を通した学習会。箱根町立湯本小学校 山下大晃先生による「UDの視点を大切にした『しかけ』」として、ネット型を例に進めて行きました。はじめの「しかけ」は「得点化」と「ゲーム化」という「授業づくりのしかけ」です。反復練習だと集中力が続かない、意欲を持ちにくいという子がいるかもしれません。そこで、「しかけ」をします。トスの「練習」 → 30秒で何回できる?アタックの「練習」 → 相手のコートに入れたら1点!次に、「学習の中でのしかけ」として、「比較する。」というもの。セッターの位置やアタックの位置について、上手な子(チーム)の動きと、ミス(教師)の動きを「比較」して、なぜうまくいかないのかを全員で思考します。上手な動きだけを見ていても、「分かっている子」と「分からない子」にわかれてしまいます。比較することで、全員で思考する土台を作ることができます。それぞれのしかけについて、実際に体を動かして体験したり、「他にはどんな場面でこんなしかけができるだろう?」とグループで話し合ったり発表し合ったりして、学びを深めて行くことができました。最後に、代表の結城先生、顧問の筑波大学附属小学校 清水 由 先生に今回の学習をまとめていただきました。最後に清水先生も仰っていましたが、一方的に情報を「受け取る」研修会ではなく、「学習会」として、参加してくださった先生方でいろいろなアイディアを出し合えることの良さを実感できる学習会になったのではないかと思います。参加された先生方ありがとうございました! UD体育として、これからも活動がありますので、今回参加できなかった方も次回は是非ご参加ください。ご意見ご感想やご質問がありましたら、udtaiiku@gmail.comまでお願いいたします。